2014年11月30日

複数形でも「S」を付けてはいけない単語

data
日本語ではデータです。


さて、
データの複数形はどう表記するでしょうか?


はい。複数形だから、
sをつけて
Datas







....ではありません...!(´Д`;)


では、
dataの複数形は?


変換するのかな?


いいえ。
残念ながらdataの複数形はないのです( ̄_ ̄ i)


ちょっと解説しますと、
dataはもともと、
“datum”という単語の複数形なのです。


ただ実際、“datum”という単語を
dataの単数形として
使う事は、現在はなく


“data is”も“data are”も
間違いにはならないんだそうです*^^*


ポイントは、dataを集めたことを
datasとは言わないって事なんですね~~~

ま。。
結構datasになっている文献は多いんですが...(^^ゞ


実質、単数も複数も同じだと考えていいということです。
evidenceも同じく、数がたくさんあっても
evidencesにはなりません。
evidenceは、いくつあってもevidenceです*^^*



ちなみに、
“datum”は「測地系」という意味もあり、
この場合の複数形は“datums”になります。



今、フィリピン留学が
アツいらしい....(@ ̄Д ̄@;)


































posted by マルチリンガルトラベラー at 13:37| Comment(0) | 単語 イディオム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。