2014年02月15日

褒められた時に、かえすフレーズ   恐縮です。って英語でどういうの?


さて、
日本人というのは、
基本
「褒められる」ことに慣れていません。


お世辞と建前というのがある文化だし、
謙遜を美徳とすることろがあるので、
褒められたら、まず否定しといて
陰でニヤニヤする(●´ω`●)ゞ


というのが、だいたいのことところかと思います。



ですが、
英語圏では、

褒めるというのは、

ある種挨拶みたいなものですので、
相手が褒めてくれたときに
全力で否定すると
場が凍ります...(・_・;)


そんな訳なんで、
褒められた時は
素直に受け取るようにしておくと
いいと思うんですが、

どう返したら
いいんだろう??

って悩みますよね?


今日は、そんな時の為の
フレーズをいくつか紹介してみたいと思います。


1:思いっきり笑顔で 
「Thank you !」

これ基本です*^^*

っていうか、これで万事OKです。
Thank you はコミュニケーションの潤滑油
Smile と  Thank you は
ケチらず、どんどん伝えましょうね♪



2:そんな風に言って頂けて恐縮です。

日本語でも、スマートな会話美人は、
褒められるとこんな返しをしますね*^^*

これも素直に感謝に置き換えてシンプルな英語で
伝えられます。

I am happy to hear that .
I am so grad to hear that .

これは、相手を立てる表現にもなるので、
Thank you の後に付け加えられると
とってもいいですね♪





気持ちを伝える表現はシンプルに☆
がいつも基本です!





































posted by マルチリンガルトラベラー at 05:51| Comment(1) | 日常英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
GRAD・・・

GLADですね。

こういう間違いをしているようでは英語を語れないと思いますよ。
Posted by at 2015年01月21日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。